FC2ブログ

初秋赤岩散策

DSCT6346.jpg
絶好の行楽日和となった3連休の中日、再び赤岩にやって参りました。

今回は、探検隊パーティを組んで赤岩胎内巡り逆ルートにアタックです。A先生N北方支部長、M石狩支部長にI平和通第二支部長とワタクシの5名。A先生とN、I支部長には胎内巡りリベンジです。

下赤岩から見るいつもの風景。紅葉はあと1週間くらいが見頃と云うところ。

DSCT6347.jpg
赤岩の胎内には都合、五ヶ所の祠がありますが、これは2つ目の祠。布袋さんにお狐さんにヘビさんにウサギさんもいます。

DSCT6373.jpg
下りのメインとなる梯子段。M支部長が数えると84段あるそうです。

DSCT6353.jpg
慣れた方ならロープを持って立って降りる方もいますが、ここは慎重に後ろ向きに降ります。

DSCT6370.jpg
ハシゴを降りる途中に見える赤岩海岸。今日はヨットがたくさん出ていました。

ハシゴを降りきると、あとはロープ伝いにガレ場に降りて行くだけ。多少滑りますが岩伝いに行けば大丈夫。

因みに、胎内巡り逆ルートの詳しい降り方はこちら

DSCT6362.jpg
ガレ場を降り切ったところで小休止。M支部長は早速ドローンを飛行させます。

M支部長クラスのドローン操縦士になると、ドローンと会話出来るようになるのです。ドローンはM支部長の命令を待つようにじっとしてます。ワタクシには、ワンコがお座りしているように見えました。

M支部長は、この地球上で、ニッポンの北海道の小樽の赤岩のガレ場で、ドローンを飛行させた史上初の人類なのです。(これは確かだと思います。なぜなら、こんなところまでドローンを担いで来る物好きなヒトは居ないからです。)

三方を岩に囲まれた場所なので、M支部長曰く、「電波の状態がよろしくない」とのこと。

これで、海岸線まで降りることが出来れば、絶景のドローン空撮が出来るかも。

この後、来た道を戻って下赤岩へ無事ご帰還。

AM9:40 探勝路入り口〜AM10:00下赤岩〜AM10:10胎内巡り下降開始〜AM11:20最下部ガレ場で小休止〜AM11:50上昇開始〜PM12:40探勝路入り口。

皆さん、お疲れ様でした。

前回の探検隊での胎内巡りアタック、ガレ場まで来ていたんですねぇ。惜しかった!

コメント

Secret

No title

 今日はガイド有り難うございました。
とも角無事戻れたので、よかった、よかった
と思っています。

Re: No title

A先生

以前の鳥居からの上り下りもキツかったですが、
ハシゴ段とロープは体重がモロに掛かりますから少しご負担だったかも。
小樽の秘境探索お疲れさまでした。

No title

S支部長

ルート探索と道案内、ありがとうございました。
お陰様で前回では消化不良だったものが、今回の探検で納得の歩きができました。

子ニャンコ保育園お疲れ様でした。
寂しいけど無事引き取ってもらって良かったですね^^

Re: No title

N支部長

雪が降る前に藪が歩きやすくなったら、鳥居からのルートにリベンジしたいと思います。

モフモフはちょっと寂しいですけどね。

すぐに大きくなって我が家の居候と同じように「フン、何だよ」と云う感じになりますから^ - ^。
プロフィール

harimao8823

Author:harimao8823
どーと云うこともない日常とほんの少しの非日常を綴るぐーたらブログ。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR