FC2ブログ

諸国漫遊その2~番外編(山形他)

昨日のとある目的地とは山形県でありました。

東北漫遊の時に、立石寺がお目当てで行ったものの、この立石寺こと山寺は1,050段の階段を登らなければ到達出来ないのです。

当日は気温30度。熱中症で行き倒れては元も子もないので退散してきたのでありました。

本日はそのリベンジ。

SvCN1233.jpg
所在は山形市となっていますが、天童市からの方が近い位置にあります。

立石寺専用駐車場(数台分しかないのでよほど早い時間でなければ無理かも)からの登山口に入ります。(階段の無い時代は結構きつい登山だったのでは。)

SvCN01221.jpg
登山口を上がると正面に立石寺本堂がお出まし。は?階段はどうなってるの?

実は、階段を登って行くのは奥の院と云うお寺でありまして、また階段の途中に見どころがいくつもあるのです。

SvCN1232.jpg
お寺の境内に神社もあります。

SvCN1235.jpg
神社の横に行くといよいよ登り開始です。入山料お一人300円ナリ。

SvCN1230.jpg
本日も会えました、山寺ネコ。山形のニャン吉はサービス精神が旺盛。

SvCN1231.jpg
山寺と云えば芭蕉ですか。芭蕉と、同行した弟子曽良の像。

松尾芭蕉が歩いた奥の細道。実は、芭蕉が歩いた奥州路の距離と実際に掛かった日数で見ると、その歩く速さが尋常ではなく、芭蕉は徳川幕府から奥州探索の密命を受けていた忍者であるとか。それで、芭蕉の俳句はもっぱら曽良の作品である、とかないとか。

それでも、この森閑とした山道を歩いていると、閑さや岩にしみいる・・・の俳句はピッタリであるなぁ、と思いますが・・・森閑どころかスマホ片手の大声で良く喋る集団でセミの声もかき消されそう。

SvCN1234.jpg
階段はこんな感じで恐れていた程ではありません。途中息を整える程度に休んだものの、ワタクシの足で30分ほどで登れました。

SvCN1229.jpg
仏さんのご利益は色々であるけれど、間違いなくボケそうなので撫でておきました。

SvCN1228.jpg
奥の院に到着。あれ?写真で見る風景と違うじゃん。

そうなのです、写真でみる崖っぷちに立つお堂はここではありません。少し下の方にある五大堂のあるところなのです。

SvCN1226.jpg
ハイ、こちら。若干アングルが違いますけど見た風景。紅葉は終わりころ。一週間早ければベストの景色が見れたかも。

番外編は山形のみで終了の予定で、この後新潟から帰る予定でありましたのですが、小樽までは14時間の船旅。この時間がやたら退屈なのです。

船の中でゴロゴロしているのなら、いっそクルマを転がしている方が楽しいのではなかろうか、と云うことで帰り道は青森大間からにしたのです。

途中、秋田、岩手を経由です。

SvCN1225.jpg
ワタクシが一番好きな日本酒「十四代」の蔵元高木酒造。途中の村山市にあるのでちょっと立ち寄り。

この酒蔵、昔から工場見学無し、個人販売無しの商売を続けております。作ったお酒は特約店へのみ卸しているのだとか。

このお酒、まず手に入りません。通販もなし。ネットで一升10,000円以上の代物。

この酒蔵の近くの酒屋ならあるかも、と云うことで入ってみると・・・。

SvCN1221.jpg
やったぁ!・・・と思いきや「幻の酒」として瓶と箱を飾ってあるのでした。

現物が無いのなら箱だけでも売って頂戴と云うと、「倉庫にまだあるからあげるわ」と云って一個くれました。やはり東北の方は親切です。

SvCN1224.jpg
秋田の道端で見かけたお菓子屋さんのどら焼。140円ナリ。売ってるオバサンはかなり訛ってました。

クルマの旅行で良いのは、こういう場所に気軽に立ち寄れるところですかね。

SvCN1222.jpg
岩手県雫石にある小岩井農場。東京に本社を置く日本最大の総合農場だそうで。明治の時代に3人のお金持ちが作ったことで有名です。

別にここに来たかった訳ではないのですが、我が家に無類のチーズ好きが約1名。手土産なんぞを仕入れに来たのです。

売店はこの中に入らないとありません。入園料400円ナリ。

SvCN1223.jpg
平日の雨模様なのでほとんど人は居ませんね。

天気の良い日に家族連れで来ると楽しいそうなところ。

この後、下北半島の突端まで。

以上、諸国漫遊完結デス。

コメント

Secret

No title

 列島縦断の長旅ご苦労様です。
冬景色の小樽に帰ったら震える
かも知れません。
プロフィール

harimao8823

Author:harimao8823
どーと云うこともない日常とほんの少しの非日常を綴るぐーたらブログ。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR