Mac USBキーボードをお掃除する

key0032.jpg
ワタクシの普段使いのパソコンは中古で仕入れたAppleの24インチiMac。キーボードもMac用の一昔前のUSBでつなぐやつ。(買おうとすれば中古でも結構お高いのです。)

key0034.jpg
手垢・ホコリ・ニャン吉達の体毛等々で無残な状態になっております。このキーボード、お高い割には構造的にはイマイチ。隙間が多くてゴミが入りやすい構造。

key0035.jpg
キーボードの分解清掃はこれで2回目。前回同様、精密六角レンチの登場。

key0041.jpg
裏蓋にある3ヶ所のネジを外します。

key0043.jpg
ネジを外して裏蓋を持ち上げると本体が2つに分離。基盤のコネクタ2ヶ所を外します。

key0044.jpg
今回はキートップを全部外して本格的なお掃除をすることに。キーはマイナスドライバーでコジると簡単に外れます。

key0046.jpg
結構な汚れになっております。こういう状態になるのを避けるためにゴム製のカバーがあるのですが、結構厚ぼったくてあのグニャグニャ感に馴染めないのです。オカモトが薄々0.01ミリで発売してくれれば買っても良いかも。

key0048.jpg
キーを全部外したところ。因みにキーボードの配列を記録するかカメラで撮っておかないと、後で戻すのに大変な目にあいます。

key0049.jpg
ホントはザブザブ水洗いしたいところですが、壊れるのでやめましょう。キーピッチの間を掃除するのには歯ブラシがよろしい。これに綿棒もあると尚可。

key0050.jpg
ハイ、綺麗サッパリ。経年でボードに少しヤケが出ていますが新品に近い状態になりました。

key0051.jpg
外したキーは単なるプラスティック部品なので、これは水洗いOK。但し、乾燥させてから戻します。

key0053.jpg
逆の手順で組みなおして分解・清掃終了。キーは上から押さえつけるとカチッとはまります。長いキーは両サイドを固定するレバーが付いてます。

最新のキーボードはワイヤレスでフルキーだと14,000円以上もするのです。Windows仕様の1,000円くらいのキーボードで代用も出来るので、こんなお高いものを買わなくてもパソコンは使えます。

これでまた数年は使えそう。

コメント

Secret

プロフィール

harimao8823

Author:harimao8823
どーと云うこともない日常とほんの少しの非日常を綴るぐーたらブログ。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR